自動車重量税還付金

廃車にすると自動車重量税が返金される。還付金を受け取る条件とは…

廃車手続きをすると、すでに支払いを済ませた税金や保険金の一部が

還付金という形で返金されることがあります。

 

自動車重量税も、廃車手続きをすると返金を受け取れる税金です。
返金を受け取るためには、条件を満たし、必要な申請を行う必要があります。

 

 

自動車重量税が返金される仕組み

 

自動車重量税の支払いは、
新車を購入したとき、車検の時に済ませます。
この時払っているのは、次の車検までの期間分の税金です。

 

車検を受けるまで車を持っていた(または使っていた)から、
その分の税金を払うのではなく、

 

車検を受けたり新車を買ったりするときに、
次の車検まで車を持っている(使う)ために、
一定の期間の分を、前倒しで税金を払っていることになります。

 

使った分を後から請求されるクレジットカードと違って、
自動車重量税は前払いなのですね。

 

そのため、廃車にしたときに車検の有効期限が残っていると、
税金を払いすぎたことになります。

 

その払い過ぎた税金が、
自動車重量税の還付金として返金されます。

 

 

返金を受け取る条件

 

 

永久抹消登録・軽自動車の場合返納届けをしたときのみ受け取れる

 

廃車手続きには、
その車を二度と使わないときに行う永久抹消登録と、
一時的に車の使用を中止したいときに行う一時抹消登録があります。

 

自動車重量税が返金されるのは、
永久抹消登録を行ったときのみとなっています。

 

軽自動車の場合は、返納届けを行ったとき、
自動車重量税が返金されます。

 

 

申請をしたときのみ返金される

 

自動車重量税は、
廃車手続きをすれば自動で返金されるものではありません。

 

永久抹消登録、または解体届け出と同時に、
還付のための申請を行う必要があります。

 

決まったタイミングで手続きをしないと
後で手続きをしようとしても、返金を受け取れなくなります。

 

 

 

ルールに従って廃車を済ませたときのみ返金を受け取れる

 

 

自動車重量税の還付金を受け取るためには、
自動車リサイクル法に従って、適切な方法で廃車をしなくてはなりません。

 

無許可営業の解体業者に車を渡してしまったときや、
不法投棄をしたときなど、違法なやり方で車を処理したときは、
返金を受け取ることはできません。

 

廃車手続きをするときは、
自動車リサイクル法に定められた引き取り業者に、
車を引き取ってもらいましょう。

 

 

返金の金額

 

 

車検の残り期間が1ヶ月以上残っているときのみ返金される

 

車検の残り期間が【何ヶ月】あるか、月数に応じて返金される

 

自動車重量税の返金の金額は、
以下の計算式で決められます。

 

納めた自動車重量税の金額×車検の残り期間の月数×車検有効期間の月数

 

月単位での計算になっています。

 

 

その車処分の前にしたいこと

処分予定の車は買取で値段がつく可能性があります。
査定を受けずに処分するのはもったいない!

買取サービスカーネクストでは、
海外を含めた幅広い販売ルートで買取った車を売れるため、
日本では処分される車も、買取の可能性があります。

査定で値段がつかなくても、無料で廃車手続きを代行してくれます。

処分予定でも売れる可能性がある
保管場所まで車を引き取りに来てくれる
レッカー代、手続代行の手数料など、廃車の諸費用無料

この3つが、カーネクストの大きなメリットです。


詳しくはこちらの、カーネクストの公式サイトで
ご確認いただけます。
↓↓↓



関連ページ

車処分で返ってくる税金
車処分で、すでに納めた税金の過払い分が、還付金として返金されることがあります。自動車税、自動車重量税が還付される条件と、必要な申請手続きについてまとめました。
自動車税
車処分の廃車手続きをすると、自動車税の過払い分が還付金という形で手元に戻ってくることがあります。自動車税の還付金を受け取る条件をまとめました。
自賠責保険
車処分の手続きをすると、自賠責保険の保険金が、払いすぎた分だけ返金してもらえることがあります。自賠責保険の返金を受取る条件と方法とは。