廃車自賠責保険

自賠責保険の返金を受け取る方法・条件

廃車手続きを行うと、支払い済みの税金や保険金の一部が

返金されることがあります。

 

自賠責保険も、条件を満たし、必要な申請を行えば、
返金を受け取れます。

 

自賠責保険を受け取るための条件と方法とは…

 

 

自賠責保険を受け取るための条件

 

一時抹消登録・永久抹消登録、どちらの手続きをしても返金を申請できる

 

廃車手続きには種類があり、目的に応じて行う手続きが変わります。

 

車が災害で使えなくなったり、解体済みだったり、
その車を二度と使うことがないときは、「永久抹消登録」

 

車を売却したり、盗難されたり、出張などで一時的に使わなくなったりして、
その車を使うのを一時的にやめたいときに行う「一時抹消登録」

 

どちらを行ったときも、自賠責保険の返金を申請できます。

 

 

廃車手続きを済ませたことを証明する

 

自賠責保険の返金を受けるためには、
その車が廃車済みであることを証明しなくていけません。

 

そのため、廃車手続きを行ったことを証明する、
証明書が必要になります。

 

一時抹消登録で必要なのは、「一時抹消登録証明書」
永久抹消登録で必要なのは、「登録事項等証明書」

 

これらの証明書が必要になるので、
廃車手続きをするさいに、発行してもらいましょう。

 

 

返金を受け取るための手続きが必要

 

自賠責保険の返金は、廃車手続きを済ませても、
自動的に返金されるものではありません。

 

自賠責保険の返金は保険会社から受け取るので、
手続きの際はは運輸支局ではなく、保険会社に直接連絡します。

 

自賠責保険を解約しないと返金されないので、
詳しくは契約している保険会社にお問い合わせください。

 

 

 

書類の準備が必要

 

 

自賠責保険の返金を受け取るには、
書類を準備する必要があります。

 

 

契約している保険会社によって必要なものが異なるかもしれないので、
詳しくは保険会社への問い合わせをお願いします。

 

 

 

 

受け取れる金額について

 

 

自賠責保険の有効期間が一ヶ月以上残っているときに返金される

 

返金を受け取るためには、
解約手続きをした日から、有効期間の最終日までの期間が、
1ヶ月以上残っていなくてはなりません。

 

 

返金の金額は、保険の解約日から有効期限までの期間で決まる

 

 

自賠責保険の返金の金額は、
保険会社に解約を申請した日から、
保険の有効期間の最終日までの期間の長さで決まります。

 

廃車手続きを済ませた日ではなく、
保険を解約した日で決められるので、
自賠責保険の返金を受け取りたいときは、
忘れずに保険会社に連絡し、保険を解約してください。

 

 

 

 

 

 

その車処分の前にしたいこと

処分予定の車は買取で値段がつく可能性があります。
査定を受けずに処分するのはもったいない!

買取サービスカーネクストでは、
海外を含めた幅広い販売ルートで買取った車を売れるため、
日本では処分される車も、買取の可能性があります。

査定で値段がつかなくても、無料で廃車手続きを代行してくれます。

処分予定でも売れる可能性がある
保管場所まで車を引き取りに来てくれる
レッカー代、手続代行の手数料など、廃車の諸費用無料

この3つが、カーネクストの大きなメリットです。


詳しくはこちらの、カーネクストの公式サイトで
ご確認いただけます。
↓↓↓



関連ページ

車処分で返ってくる税金
車処分で、すでに納めた税金の過払い分が、還付金として返金されることがあります。自動車税、自動車重量税が還付される条件と、必要な申請手続きについてまとめました。
自動車税
車処分の廃車手続きをすると、自動車税の過払い分が還付金という形で手元に戻ってくることがあります。自動車税の還付金を受け取る条件をまとめました。
自動車重量税
車処分の手続きをすると、支払い済みの自動車重量税の返金を受け取れることがあります。車検の残り期間によってはけっこうな返金になるので、忘れず受け取りたいですが、申請がけっこうややこしく…