車の処分料こんなに高いの!?その費用に納得出来ないなら

車の処分料高い…費用で納得出来ないときの対処法

車の処分費用があまりに高くて、
びっくりしませんでしたか?

 

車の処分は空き缶や古本のように、
簡単に回収に出して終わり!
というわけにはいかないものです。

 

手続きが必要だったりして、何かと面倒…

 

そこで、業者に代行してもらえば、
費用がかかるのも仕方がないように
思えるかもしれません。

 

ただ、車の処分はやり方によっては無料で済むものです。

 

ディーラーや中古車買取店で、
何万円もの処分費用を請求されているなら、
その費用は無料にできますよ。

 

 

処分するつもりの車の価値

 

もう乗らなくなってしまった車は、
何の価値もない不用品ではありません。

 

修理して乗れる車であれば海外で需要が見込めますし、
直せない車も、資源や部品として価値があります。

 

 

日本では乗らなくても、海外で使うことがあります

 

日本の車は品質の良さが海外で信頼されており、
少しくらいいたんだ車でも、買い手がつくことがあります。

 

海外には交通手段として車を必要としていても、
収入の都合で、高価な新車を買えないユーザーがいます。
なので、安く買える中古車が求められてくるのです。

 

 

このような車選びの基準の違いは日本の中でもあります。

 

バスや電車の本数が少なく、就職にも車が必要な地域では、
必要にかられて割安な中古車を買うことがあります。
これは、私のことです。

 

車の新しさにさほどこだわらないユーザーはいますので、
古い車やいたんだ車は価値が無いと
決めつけるのはもったいないですよ。

 

 

 

走れない車も部品や資源として使います

 

 

車はひとつの製品ですが、
それを組み立てるには約三万個にもなる部品が必要です。

 

その数多い部品の中には、ホイールやエンジンなど、
部品単体で売れるものがあります。

 

なので、使わなくなった車を分解して部品を取り出せば、
その部品を中古パーツとして販売できます。

 

たとえ、使える部品が残っていないほど壊れた車でも、
車は素材自体が価値のある資源です。

 

車は80%ほどが金属でできており、鉄、アルミ、銅、など
いろいろなものが使われています。
中でも鉄の割合は高く、金属部分の多くを占めています。

 

自動車の重さは、軽自動車でも1t近く、
大型のミニバンやSUVでは、2t前後にもなるので、
その中の鉄の重量も、まとまった量になります。

 

つまり、使い終わった車は何百キログラムにもなる鉄でもあるのです。

 

鉄はリサイクルが可能な資源ですから、
使い終わった車は資源としての価値があります。

 

 

このように、車は様々な形で価値があるものですから、
決して、処分料がかかって当然の不用品ではありません。

 

車の引き取りを頼む業者を選べば、
廃車手続き代行の手数料を差し引いても、
有償で買取ってもらえる可能性があるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その車処分の前にしたいこと

処分予定の車は買取で値段がつく可能性があります。
査定を受けずに処分するのはもったいない!

買取サービスカーネクストでは、
海外を含めた幅広い販売ルートで買取った車を売れるため、
日本では処分される車も、買取の可能性があります。

査定で値段がつかなくても、無料で廃車手続きを代行してくれます。

処分予定でも売れる可能性がある
保管場所まで車を引き取りに来てくれる
レッカー代、手続代行の手数料など、廃車の諸費用無料

この3つが、カーネクストの大きなメリットです。


詳しくはこちらの、カーネクストの公式サイトで
ご確認いただけます。
↓↓↓



関連ページ

無料で済ませたい!
車を無料で処分したいときは、自分で手続きをするか、業者を選んで処分してもらいます。廃車は代行を頼む業者次第では何万円という費用が発生しますが、やり方次第では手間も費用も節約できます。
ディーラーに頼むときはいくらかかる?
ディーラーで廃車を頼むときは、費用はいくらかかるものなのでしょうか。お店によって金額に差があるので、高すぎると感じたときは、別のお店に処分を頼むのもあり。安上げる方法は…