運輸支局土日やってる?/廃車手続きの受付は平日だけ!

運輸支局は土日休日。廃車手続きは平日のみ…

何かと融通が利かないお役所のこと、
運輸支局もやはりそうでして、便利なコンビニのようにはいきません。

 

運輸支局で廃車手続きを行う場合、
手続きが可能な受付時間は、平日のみとなっています。

 

ちなみに運輸支局の業務時間は、
午前9時〜12時
午後1時〜4時。

 

休日は土日祝日、
および12月29日〜1月3日の年末年始です。

 

仕事で土日しか時間をとれない場合、
時間が合いませんよね。

 

車を処分するときに、
自分で手続きをするのが難しい場合は、
業者に頼むという方法があります。

 

費用が高くなるということは、ありません。

 

廃車手続きを頼む業者を選べば、
費用は0円で済ませられます。

 

車の状態によっては、税金の還付金や買取の価格で、
結構な金額が手元に入ってくる可能性もあるんですよ。

 

 

 

買取って、処分しようと思った車を?

 

 

処分すると決めたからには、あなたの車は
新車同様というわけではないと思います。

 

古かったり、壊れていたり、事故で破損していたり、動かなかったり…
など、何かしらわけありの車ではないでしょうか。

 

 

ただ、車は経年や故障でダメージを受けたからといって、
価値のない不要物にはなりません。

 

まず、車はこわれて走れなくなっていても、
部品や素材に価値があります。

 

車は部品単位での再利用が可能です。

 

なので壊れてしまった車でも、
解体して部品ごとに分けると、他の車に問題なく
リユースできる部品が出てくることがあります。

 

さらに、部品も取れないほど潰れてしまった車でも、
素材であるアルミや鉄そのものが、
リサイクルして他の製品に生まれ変わる資源になります。

 

 

 

このように、車はあなたが乗らなくなっても価値があるものですから、
売れないもの、処分に手間やお金がかかるもの…
ではないのです。

 

その車処分の前にしたいこと

処分予定の車は買取で値段がつく可能性があります。
査定を受けずに処分するのはもったいない!

買取サービスカーネクストでは、
海外を含めた幅広い販売ルートで買取った車を売れるため、
日本では処分される車も、買取の可能性があります。

査定で値段がつかなくても、無料で廃車手続きを代行してくれます。

処分予定でも売れる可能性がある
保管場所まで車を引き取りに来てくれる
レッカー代、手続代行の手数料など、廃車の諸費用無料

この3つが、カーネクストの大きなメリットです。


詳しくはこちらの、カーネクストの公式サイトで
ご確認いただけます。
↓↓↓



関連ページ

事故で動かない
事故で動かない車処分で困ったら、思いきり簡単に済む方法がありますよ。手続きがややこしい車処分、不動状態の事故車ならなおさら厄介。ただ、やり方次第で費用も0円、手間もかかりません。
車検切れで公道を走れない!
車検切れ車の処分で厄介なのは、道路を走ってはいけないこと。解体工場や買取店のところに運ぼうにも運転できないとは…困った時は、費用も手間もかからずその車処分できますよ。
不動車
不動車の廃車処分は、動かないだけに持て余しがち。レッカーってどこに頼めばいいの?手続きは何をする?必要書類は…不動車の廃車処分で困ったら、カンタンで費用も0円で済む方法がありますよ。
ディーラー処分料が高い
ディーラーに廃車処分をお願いしようとしたら費用が高い!では、他の業者さんに愛車の廃車処分をおまかせしましょう。車の処分はやり方次第で費用0円。買取で現金化する可能性もあるんですよ。
廃車はどこへ持っていけばいいの?
廃車はどこに持っていく?困ったら、あえてどこかへ廃車を持っていかなくても、業者さんが無料で引き取りに来てくれます。買取で値段がつくことも。車は手間をかけて手放すようなガラクタではありません。
離島に住んでいる
離島での車処分・廃車って費用がかかったり、面倒だったりすると思いませんか?実はやり方を選べば、離島での廃車も費用や手間もかかりません。