不動車廃車処分

不動車の廃車処分【手間や費用で困ったときは】

処分したい車は不動車。
解体屋や中古車買取店に持っていこうにも動かない。
だからといって、牽引は怖いしレッカー代も払いたくない…

 

 

 

ではその車は、思い切り楽に処分しませんか。

 

車の処分は、自分で廃車手続きをするという手段もありますが、
ほとんどすべて業者に丸投げでもOKです。

 

買取をしている業者の中には、
廃車の諸手続き、車の引取、運搬、
全て無料で済ませてくれるところがあるので、
とことん手間をかけずに不動車を処分できます。

 

買取や税金の還付で、お財布にお金が入る可能性もありますよ。

 

 

廃車処分を早めに済ませると得なこと

 

 

不動車となると、ただ手放すのもやっかいで、
つい後回しにされてしまうかもしれません。

 

ただ、手放すと決めた車は早めに手放したほうが、
お金のことで得になります。

 

車を持っていると、
自動車税、自動車重量税、自賠責保険といったように、
税金や保険料を払っていると思います。

 

その税金や保険は、車を処分し廃車手続きをすると、
払いすぎた分は返金してもらえることがあります。

 

軽自動車の場合、自動車税の返金がない。
自動車重量税、自賠責保険の返金には手続きが必要、
と条件こそありますが、

 

条件を満たせば結構な金額が
手元に戻ってくることがあるようです。

 

 

乗らない不動車を何ヶ月も放置してしまうと、
その分戻ってくるお金も減ってしまいますから、
手放すと決めたら早めに処分したほうが得になります。

 

 

 

車の価値

 

 

事故や故障で不動状態の車は、
処分にお金がかかるもの…

 

というイメージがあるかもしれません。

 

実際車を処分するには、
その車をレッカーで引き取ったり、
廃車手続きをしたりと手間がかかります。

 

それを業者が代行するとなれば、
人手も時間も必要です。

 

無料でやってくれると言われると、怪しい気がするかもしれません。

 

ただ、車は様々な形で商品にできるもので、
たとえ走れなくなって修理も難しい車でも、
部品や資源としての価値があります。

 

乗れなくなった車を、
分解して他の車に使いまわせる部品を取り出し、
その部品を中古パーツとして使ったり、

 

車の素材として使われている、鉄やアルミなどを
資源としてリサイクルしたり…

 

と、さまざまな使い道があるのです。

 

なので、業者は車の引き取りや廃車にかかる手間を
車の価値で埋め合わることができます。

 

車は壊れたからと言って、
価値のない粗大ごみになってしまうわけではないのですね。

 

 

その車処分の前にしたいこと

処分予定の車は買取で値段がつく可能性があります。
査定を受けずに処分するのはもったいない!

買取サービスカーネクストでは、
海外を含めた幅広い販売ルートで買取った車を売れるため、
日本では処分される車も、買取の可能性があります。

査定で値段がつかなくても、無料で廃車手続きを代行してくれます。

処分予定でも売れる可能性がある
保管場所まで車を引き取りに来てくれる
レッカー代、手続代行の手数料など、廃車の諸費用無料

この3つが、カーネクストの大きなメリットです。


詳しくはこちらの、カーネクストの公式サイトで
ご確認いただけます。
↓↓↓



関連ページ

事故で動かない
事故で動かない車処分で困ったら、思いきり簡単に済む方法がありますよ。手続きがややこしい車処分、不動状態の事故車ならなおさら厄介。ただ、やり方次第で費用も0円、手間もかかりません。
車検切れで公道を走れない!
車検切れ車の処分で厄介なのは、道路を走ってはいけないこと。解体工場や買取店のところに運ぼうにも運転できないとは…困った時は、費用も手間もかからずその車処分できますよ。
運輸支局土日は手続きできない
運輸支局が廃車手続きを受け付けているのは平日のみ。土日はお休みです。時間が合わない。…では買取なら、土日もOKです。廃車処分予定の車も意外と売れるものですよ。
ディーラー処分料が高い
ディーラーに廃車処分をお願いしようとしたら費用が高い!では、他の業者さんに愛車の廃車処分をおまかせしましょう。車の処分はやり方次第で費用0円。買取で現金化する可能性もあるんですよ。
廃車はどこへ持っていけばいいの?
廃車はどこに持っていく?困ったら、あえてどこかへ廃車を持っていかなくても、業者さんが無料で引き取りに来てくれます。買取で値段がつくことも。車は手間をかけて手放すようなガラクタではありません。
離島に住んでいる
離島での車処分・廃車って費用がかかったり、面倒だったりすると思いませんか?実はやり方を選べば、離島での廃車も費用や手間もかかりません。