廃車どこに持っていく

廃車はどこに持っていく?簡単に車処分をする方法

車の処分は処分する物が大きいだけに、

古本や服のように手軽には済みません。

 

そもそも廃車はどこに持っていけばいいのか…ということになってしまいます。

 

 

 

 

車を廃車にするときは、
持っていく場所はいくつかあります。

 

解体業者
ディーラー
中古車販売店やガソリンスタンドなど、
買い取りを行っているところです。

 

身近な業者を探すのが面倒なときは、
自宅まで引き取りに来てもらう、という方法もあります。
引取を頼む業者を頼めば、費用もかかりません。

 

 

解体業者に持っていくメリット

 

解体業者に車を持っていくメリットは、
買取店やディーラーでは買取が難しい車でも、
値段をつけてくれる可能性が高いことです。

 

解体業者では、古くなったり壊れたりして使わなくなった車でも、
車の素材である鉄そのものに値段をつけて、
買取ってくれることがあります。

 

また、車は解体すると、ホイールやエンジンなど、
他の車に使いまわせる部品を取り出せることがあるので、
部品として値段がつく可能性もあります。

 

ただ、この時気をつけてほしいのは、
車は解体してもらっただけでは処分が終わらないことです。

 

解体した後、永久抹消登録という手続きをして、
やっと車の処分が終了します。

 

解体業者へ持っていくときは、
解体した後の手続きも代行してもらうか、
自分で手続きをするかを確認しましょう。

 

 

ディーラーや中古車販売店へ持っていくなら

 

ディーラーや中古車販売店など、
解体業者以外の車屋に持っていくときは、
処分費用の金額に注意してください。

 

車の引き取りと、処分のための手続きを代行してもらう場合、
業者によっては費用を請求されることがありますが、

 

引取を頼む業者を選べば、
車の処分に費用はかかりません。

 

どこに頼めばいいかわからないときは、ネットを利用して、
全国対応の業者に引取を頼むことができます。

 

 

解体業者が近くになく、
ネットでの申込みにも不安があるときは、
ディーラーや中古車販売店へ持ち込むのもいいと思います。

 

 

とにかく楽に車を処分したいなら

 

とにかく楽に車を処分したいときは、
ネットで買取業者に申し込むという方法があります。

 

買取業者の中には、廃車費用無料で引き取りの手数料もかからず
車を引き取りに来てくれるところがあります。

 

自分で店舗の住所を調べて持っていく必要が無いので、
手間がかからないことがメリットです。

 

その車処分の前にしたいこと

処分予定の車は買取で値段がつく可能性があります。
査定を受けずに処分するのはもったいない!

買取サービスカーネクストでは、
海外を含めた幅広い販売ルートで買取った車を売れるため、
日本では処分される車も、買取の可能性があります。

査定で値段がつかなくても、無料で廃車手続きを代行してくれます。

処分予定でも売れる可能性がある
保管場所まで車を引き取りに来てくれる
レッカー代、手続代行の手数料など、廃車の諸費用無料

この3つが、カーネクストの大きなメリットです。


詳しくはこちらの、カーネクストの公式サイトで
ご確認いただけます。
↓↓↓



関連ページ

事故で動かない
事故で動かない車処分で困ったら、思いきり簡単に済む方法がありますよ。手続きがややこしい車処分、不動状態の事故車ならなおさら厄介。ただ、やり方次第で費用も0円、手間もかかりません。
車検切れで公道を走れない!
車検切れ車の処分で厄介なのは、道路を走ってはいけないこと。解体工場や買取店のところに運ぼうにも運転できないとは…困った時は、費用も手間もかからずその車処分できますよ。
不動車
不動車の廃車処分は、動かないだけに持て余しがち。レッカーってどこに頼めばいいの?手続きは何をする?必要書類は…不動車の廃車処分で困ったら、カンタンで費用も0円で済む方法がありますよ。
運輸支局土日は手続きできない
運輸支局が廃車手続きを受け付けているのは平日のみ。土日はお休みです。時間が合わない。…では買取なら、土日もOKです。廃車処分予定の車も意外と売れるものですよ。
ディーラー処分料が高い
ディーラーに廃車処分をお願いしようとしたら費用が高い!では、他の業者さんに愛車の廃車処分をおまかせしましょう。車の処分はやり方次第で費用0円。買取で現金化する可能性もあるんですよ。
離島に住んでいる
離島での車処分・廃車って費用がかかったり、面倒だったりすると思いませんか?実はやり方を選べば、離島での廃車も費用や手間もかかりません。